スパムトラバ対策として、 当ブログにリンクが張られていないとTBできないようにしてあります。
by endlesscharm
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

堂本光一「SHOCK」感想

宿題を出されていた、Endless SHOCKの感想を上げておきます。

「2/26(日)帝国劇場・昼の部」

妻のクジ運もあって、なんと前から2列目(端のほうですが)。
近すぎて笑ってしまうほど。
黒人ダンサーさんの一人がベイスターズのクルーン投手にそっくりで、
また笑ってしまう。
そうなると、コーンロウにしてる人もローズ(狼主)に見えてしまう。

それはともかく、「近い」ということもあって、いろんなトコロに目が行く。
非ジャニーズのダンサーさんたちもそう。
舞台の脇のほうでもキッチリ仕事をしてるのにも感銘。

ただし、オープニングのオーケストラ風の登場シーンで、
楽団員に扮したダンサーさんの指が揃ってなかったのが残念。
ホントに演奏しろとは言わないからさー。
まあ、みんな指揮者役の光一君を見てるから(指使いが見えるほど近くなら尚更)、
そんなのを気にする人は他にいないだろうがね。

席が前方で端の方だと、せっかくのフランツ・ハラーレイ監修のイリュージョンも
仕掛けが見えてしまって、いいんだか、悪いんだか(笑)。

そういう細かすぎるトコロは置いといて、全体的によく練られた舞台でした。
出演者ほとんどジャニーズって舞台だと、ここまで完成度は上げられなかったはず。
さすが、オーディションを通ってきたミュージカルダンサーさんたちです。

カーテンコール。客席はスタンディングオベーション。
そして、幕が下りて出演者の顔が見えなくなるそのとき、
胸の前でしていた拍手を顔の前でしてみた。
男性ダンサーの一人と目が合い、すごく嬉しそうに軽く会釈してくれた。
この舞台で、男の人から喝采を受けることは少ないだろうしね。

このSHOCKシリーズを見に行くのは2年連続3度目。
去年から内容が大きく変わって、ストーリーと呼べるモノが出来、
やっとミュージカルらしくなりました。
(それ以前は「ショー」としか言えなかった。
それはそれで非常に練り上げられた素晴らしいショーではあったけれど)

そして今年、さらに磨きあげたSHOCKを見せてくれた。
キッチリ伏線を見せてくれることによって、
昨年よりも「話しが分かりやすくなった」と思う。

以下、自分なりのストーリー解釈です。
と〜っても長いですし、内容的にもうんざりすると思うので、
興味の無い方はココまでにしておいたほうが賢明です。
本気で覚悟のある方のみ、お読みください。

続きを読む
[PR]
by endlesscharm | 2006-03-12 23:50 | 芸能