スパムトラバ対策として、 当ブログにリンクが張られていないとTBできないようにしてあります。
by endlesscharm
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
スポーツ
芸能
社会
日常
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...
最新のトラックバック
きのうのこと
from 日本でいちばん熱い日々の分室
フットサル シューズ 天国!
from フットサル シューズ 天国!
日本橋HD DVDプラネ..
from ずずらおりぃ 2nd per..
いじめ助長について・ソフ..
from ソフトバンク CM
バンクーバーにいきたい
from 日本でいちばん熱い日々の分室
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:芸能( 50 )

もこみち

auの速水もこみちの等身大POP。

アレって、やけに大きいけど、
ホントにもこみちってあの大きさなの?
(とりあえず、靴の大きさで勝負してみた。他は勝ち目ないので)
でも顔はちっちゃいんだよね〜。

もこみちって、あんなにデカくて顔ちっちゃいんだ・・・。
もこみちって、本名だし。

謎な野郎だ。
[PR]
by endlesscharm | 2006-09-20 22:40 | 芸能

10月の新ドラマたち

10月期のドラマは面白そうなのがいっぱいあるなー。

日9時TBS「鉄板少女アカネ!!」
ホリキタ主演だ。わ〜い。
ヤングキングっていう決してメジャーではない漫画誌の、
決してメジャーではない作品がドラマにねえ・・・。
それはいいとしても・・・、よりによって主題歌が才しソヅしソヅ。

月9時フジ「のだめカンタービレ」
前にも書いてるけど、なんだかんだで楽しみにしています。

木10時TBS「嫌われ松子の一生」
同名の映画が内山理名主演でドラマに。
映画、見たかったけど見られなかったんで。
内山は堀北の事務所の先輩。揃って同じ局で主演・・・。

木10時フジ「Dr.コトー診療所2006」
コトー先生が帰ってきたよ。
でも「松子」と時間カブってる・・・。

金10時TBS「セーラー服と機関銃」
これも元は映画。どんな話しか忘れちゃってるよ。
長澤監督の娘さんが主演。
今時あんなベタなセーラー服はないよな(笑)。

土9時日テレ「たったひとつの恋」
亀梨&綾瀬。
これは見るつもりだったけど、テレビ誌を読んで辞めました。
やっぱり北川悦吏子は受け付けないです。
[PR]
by endlesscharm | 2006-09-14 23:28 | 芸能

きみまろ

入院中の母が退屈そうなので、
落語のCDでも買って聴かせてあげようと、
(まあ、自分でも聴きたいし:笑)
買いに行ったのだが、そこのお店にはあんまり落語CDの種類がなくて、

仕方がなく、綾小路きみまろにしてしまいました。

きみまろのメリットとしては、数分だけでも聴ける、ってトコ。
落語だと最後まで聴かないといけないし。

デメリットは・・・、俺は聴きたくない(笑)。

そりゃデメリットじゃないか。
[PR]
by endlesscharm | 2006-09-06 23:03 | 芸能

のだめ・キャスティング続々

ナイスバディーをお茶の間で!岩佐真悠子がフジ・月9初出演
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u82B8%u80FD%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

畑野ひろ子が「河野けえ子」役。
岩佐真悠子が「石川怜奈」役。

けえ子さんはもうちょっと年上でよかったんじゃないかなあ。
元宝塚みたいな人が合ってると思った。

で・・・、のだめの親友・石川怜奈って・・・、そんなキャラいたっけ?
マキちゃんじゃないほうの子?
[PR]
by endlesscharm | 2006-09-05 23:37 | 芸能

下北&レガッタ打ち切り

テレ朝系の「下北サンデーズ」と「レガッタ」が、打ち切りに。
正確には、予定よりも1週早く終わりにするとのこと(ともに全9話に)。

「下北」はもったいないなあ。
こういう題材は好き。でも、何かが違う・・・?
とりあえず、上戸じゃなかったらもっと引き込まれたと思う(笑)。

「レガッタ」で好きなのは、主題歌(笑)。
あとはよくわからん。よく見てない。
あと、いろんな大学の部で協力してるのが「アレ」を彷佛とさせ・・・。

今クールで面白いのは「結婚できない男」かなー。

でも、いちばんちゃんと見てるのは「ダンドリ。」ね。
部をつくるトコから初めてるし!!
アメリカで賞とる話しじゃないのかよっ!!
[PR]
by endlesscharm | 2006-09-02 23:09 | 芸能

タキツバの新曲

タッキー&翼が神宮球場で始球式  「日刊スポーツ」  

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u82B8%u80FD%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

新曲「Ho!サマー」。
ラジオで聞いたとき、勝手に身体が動いた。

左右の腕を交互に波のように前に出すしぐさ。

その動作が曲に合わせて、思わず、出た。
そしたら、ホントに、そういう振り付けだった。

サンチェ?
[PR]
by endlesscharm | 2006-08-12 22:47 | 芸能

「のだめ」月9大丈夫か?

フジ月9「のだめ」で視聴率奪還だ!
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u82B8%u80FD%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

ついにやっちまうんですね。
人気マンガの宿命と言ってしまえばそうなんだけど・・・。

難しいよ〜。この原作は。
誰が演奏するワケ?

どうせ手元は別人(あるいは映さない)なんだろうけど、
聞こえてくる「音」はごまかしようがない。
原作者がイメージした音を誰が出せるというのか。

でも、好きな作品なので、
「ドラマ化したときのキャスティング」を
自分で勝手に考えてたりもしてたんです(あほ)。

<脳内キャスティング>
のだめ:深田恭子
千秋:妻夫木聡
峰:玉木宏
ミルヒー:岡田真澄

のだめ役は上野樹里も考えたんだけど、パンチが足りないかと思って。
千秋と峰はワリと「こんなイメージかな」ってすんなり決められた。
考えた当時はまだ岡田真澄さんは療養中で、
「直ったらやってもらおう」と(勝手に)。

<実際のキャスティング>
のだめ:上野樹里
千秋:玉木宏
峰:瑛太
ミルヒー:竹中直人

自分が峰役で考えてた玉木が千秋か〜!?
ミルヒーは日本語ペラペラのスケベなドイツ人ですよ。
竹中直人はドイツ人には見えないゾ。
うーん、竹中直人にやらせるならハリセンじゃないか?

ま、見ますけどね(笑)。
頑張ってくだサイ。
[PR]
by endlesscharm | 2006-08-10 23:15 | 芸能

美空ひばりのパチンコ台

亀田戦中継で、パチンコ「美空ひばり台」のCMがしきりに流れていました。

う〜ん。
パチンコ業界はついに美空ひばりにまで手を出してきたか。
なんか日本の心を売られたような気がして不愉快。

最近は各メーカーがキャラクター台で勝負しているようですけど。
ひばりプロ、そんなに金に困ってんのか?
[PR]
by endlesscharm | 2006-08-02 23:49 | 芸能

生徒会長・佐藤寛子

グラビアアイドルの佐藤寛子。

彼女に関する知識としては・・・、
「Fカップ」
「武富士のCM(スーツ姿で講演してるやつ)に出てる」
「高校で生徒会長やってた」
「まだ男性と付き合ったことがない(と言っている)」
「好きな男性のタイプは平敦盛」
など。

「高校で生徒会長」だったということですが、
それがウチの高校だったということを最近知りました。
わ〜い、グラドルの後輩だ〜い!

う〜ん、あの生徒会室にいたのか。
わたしは会長ではなかったのですが、役員だったので、
ほとんど毎日その部屋でグダグダやっておりました。
(部活もちゃんとやってましたけどね)
今でも当時のメンバーとはたまに飲みに行ったりしてます。

だいぶ世代は違うけど、
あの生徒会執行部の気風が残ってると考えれば、
「好きな男性のタイプは平敦盛」とヘンなことを言う(奇行で有名とか)のも
十分すぎるほど理解できます。

そう。
「生徒会長イコール優等生」という発想はやめたほうがいいのです。
特にウチの高校の場合は。他の学校は知らないけど。

フツフツと思い出してきました。

続きを読む
[PR]
by endlesscharm | 2006-05-17 22:59 | 芸能

堂本光一「SHOCK」感想

宿題を出されていた、Endless SHOCKの感想を上げておきます。

「2/26(日)帝国劇場・昼の部」

妻のクジ運もあって、なんと前から2列目(端のほうですが)。
近すぎて笑ってしまうほど。
黒人ダンサーさんの一人がベイスターズのクルーン投手にそっくりで、
また笑ってしまう。
そうなると、コーンロウにしてる人もローズ(狼主)に見えてしまう。

それはともかく、「近い」ということもあって、いろんなトコロに目が行く。
非ジャニーズのダンサーさんたちもそう。
舞台の脇のほうでもキッチリ仕事をしてるのにも感銘。

ただし、オープニングのオーケストラ風の登場シーンで、
楽団員に扮したダンサーさんの指が揃ってなかったのが残念。
ホントに演奏しろとは言わないからさー。
まあ、みんな指揮者役の光一君を見てるから(指使いが見えるほど近くなら尚更)、
そんなのを気にする人は他にいないだろうがね。

席が前方で端の方だと、せっかくのフランツ・ハラーレイ監修のイリュージョンも
仕掛けが見えてしまって、いいんだか、悪いんだか(笑)。

そういう細かすぎるトコロは置いといて、全体的によく練られた舞台でした。
出演者ほとんどジャニーズって舞台だと、ここまで完成度は上げられなかったはず。
さすが、オーディションを通ってきたミュージカルダンサーさんたちです。

カーテンコール。客席はスタンディングオベーション。
そして、幕が下りて出演者の顔が見えなくなるそのとき、
胸の前でしていた拍手を顔の前でしてみた。
男性ダンサーの一人と目が合い、すごく嬉しそうに軽く会釈してくれた。
この舞台で、男の人から喝采を受けることは少ないだろうしね。

このSHOCKシリーズを見に行くのは2年連続3度目。
去年から内容が大きく変わって、ストーリーと呼べるモノが出来、
やっとミュージカルらしくなりました。
(それ以前は「ショー」としか言えなかった。
それはそれで非常に練り上げられた素晴らしいショーではあったけれど)

そして今年、さらに磨きあげたSHOCKを見せてくれた。
キッチリ伏線を見せてくれることによって、
昨年よりも「話しが分かりやすくなった」と思う。

以下、自分なりのストーリー解釈です。
と〜っても長いですし、内容的にもうんざりすると思うので、
興味の無い方はココまでにしておいたほうが賢明です。
本気で覚悟のある方のみ、お読みください。

続きを読む
[PR]
by endlesscharm | 2006-03-12 23:50 | 芸能