スパムトラバ対策として、 当ブログにリンクが張られていないとTBできないようにしてあります。
by endlesscharm
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
スポーツ
芸能
社会
日常
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
more...
最新のトラックバック
きのうのこと
from 日本でいちばん熱い日々の分室
フットサル シューズ 天国!
from フットサル シューズ 天国!
日本橋HD DVDプラネ..
from ずずらおりぃ 2nd per..
いじめ助長について・ソフ..
from ソフトバンク CM
バンクーバーにいきたい
from 日本でいちばん熱い日々の分室
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


いじめ

「いじめすぐやめよう」 文科相、異例のアピール

イブッキー、いろいろ大変な問題をいっぱい抱えてるけど、
こういう声を挙げることは重要だと思う。
効果のほどは別にして(笑)。

イブッキーは今回は主にいじめる側に対してコメントしたワケですが、
被害者側に関して、ちょっと思いついたことを・・・。



今、いじめに遭ってる、死を選ぼうとしている子たちは、
決して強くなんかない。
弱くて、孤独で、寂しい。
誰かに助けてもらいたいのに、誰にも言えない。

死ぬなとか、強くなれとか、ああしろこうしろと言っても
逆に追いつめるだけのような気がします。

彼らが今、共感を得られる人物、安心できる人物って、
「同じ思いをして、自殺して逝った子」しかいないんじゃないかな。

仲間はこうしてる、じゃあ自分も・・・って発想に辿り着くのは難しくないと思う。

だから、ここは是非、「同じ思いをした人」に声を挙げてもらいたい。
それも、できるだけビッグな人に。

今をときめく「あこがれのあの人」が、かつてそういう経験があった、
それを乗り越えて、この地位にある、ってことを示して欲しい。

上から目線で偉そうに言われるよりも、
同じ視点に立ってこそ、同じ思いをしてきた人だからこそ、
苦しんでいる彼らを救うことができるんじゃないかと思った。

そういう人がどれだけいるのか分からないけど。
[PR]
by endlesscharm | 2006-11-17 22:57 | 社会
<< 子供に耐性を 今年は例年よりもボージョレ >>