スパムトラバ対策として、 当ブログにリンクが張られていないとTBできないようにしてあります。
by endlesscharm
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


まさに死闘

決勝トーナメント1回戦

日本0-0パラグアイ

引き分けでした。


しかし、準々決勝に進むチームを決めなくてはいけません。
PKを行い、パラグアイが準々決勝を戦うことになりました。

それを「敗戦」と呼ぶかもしれません。
紙一重の、たまたまの、結果です。



日本としては、次に進むために非常に現実的な戦いをして、
そのミッションをしっかり遂行しました。
それを見て、つまらないと思った第三者もいるでしょう。

何度となくパラグアイの決定的なシュートを浴びましたが、
誰もが身体を投げ出して阻止し続けました。
それはそれは日本中に感動を呼びました。
パラグアイに灯した「0」の数字を誇りにしたいと思います。


4試合でまともにやられたのはオランダ戦のスナイデルのやつだけ。
(あと失点はデンマーク戦のPKだけなので)
不調に終わったサッカー強豪国のマスコミが
「日本を見習え」と言い出すほどにもなりました。


大会前、あのグダグダジャパンが世界に誇れるものになるとは
まったく想像できませんでした。

信じてやり通してきた選手や監督らだけが想像出来ていたのでしょう。


ありがとうございました。


海外のチームに移籍していく選手もいるでしょうが、
(松井はフランス国内でお願いしたいです)
繁華街で大騒ぎしていた若者たちにも、
Jリーグを見に来てもらいたいところです。


「Jリーグはレベルが低いから見ない」?

ただ騒ぎたいだけのお方とお見受けしますが…。

高校野球だって母校でもないのにご覧になるでしょう?


海外のサッカーでもしょーもない試合はありますし、
Jリーグでも海外サッカーにも負けないプレーは見られます。

「この試合は歴史に残るかもしれない!」と思って、
毎試合通ってしまうものなんですよ。
[PR]
by endlesscharm | 2010-06-30 22:20 | スポーツ
<< 非更新情報(笑) sweet 16 >>